おでかけmemo

キャンプ

続・クロスビーで車中泊 前・後部座席前倒しでフラットに!

前回の車中泊方法だと身長160㎝までの方向けだったので、今回は身長170㎝でOKに。前・後部座席をともに前倒しにして背中にあたる部分をフラットにする方法を試してます。YouTubeで紹介されていた方法を試すつもりが、家であるものでやって!との夫の言葉から代用品で試してみました。
キャンプ

車中泊のカーテン代わり 目隠しを作ろう☆

クロスビーで車中泊 第二弾を考えています。その前に、車中泊いざしようとするときに気になる外からの視線対策。自分の車にぴったりのカーテン代わりの目隠しの作り方を書いています。型紙を作って窓枠にぴったりに作ることはめ込むことができます。予算も1000円前後。所要時間1時間ほど。
北海道

北海道新幹線 はやぶさのコンセント位置&新函館北斗駅&はこだてライナー

実際に体験した、北海道新幹線はやぶさのコンセント位置がどこかわからずだったのでブログに書いておきます。各シートには最前列と最後列以外はありません。窓際席に1個あり。かがんで差し込むような位置にあります。他、新函館北斗駅のこと、はこだてライナー写真を少し載せています。
北海道

食の函館満喫のメモ☆次の機会はどこ行こか

函館と言ったら思い浮かぶ「塩ラーメン」「海鮮」「イカ」 他にも、デザート紹介おいしそうな店もいっぱい。2泊3日の中で食も楽しんできました。 洋食も充実なのが分かったので、次回はそちらを目指して行きたいな。創業1947年のアイス屋さんのアイスまた食べたい!
北海道

個人旅行で行って考えた☆函館夜景観光3つの方法

個人旅行で函館山夜景観光行くとき、3つの方法があります。ロープウェー・バス・タクシーそれぞれの良さとデメリットを書いてみました。ロープウェーのりばが坂の上なので半日観光しながら上がる案、今回使用したホテル往復楽々タクシープラン、1番安価なバス往復。アクセス方法もいろいろな函館夜景観光。行ったからこそ次はどうしよう♪と考えてみました。
北海道

新幹線はやぶさで函館へ行ってきたよ~まとめ

9月の中旬3連休に新幹線はやぶさで、函館まで行ってきました。40代娘2人と70代母の3人旅。函館はこんなに食が充実していたのかと今更ながら満喫。さくっと観光ルート紹介もしています。旧相馬株式会社前に函館でかなり有名な赤い路面電車が来ることを教えてくださった地元のカメラマンさんありがとう!
関東近辺

2時間で歩ける!木道めぐり・夏の花々いっぱい・雲上の池の平湿原

立山・那須の湿原・車山・霧降高原・野反湖などなど 山登りは好きじゃないけど、ロープウェーや、 アクセスが楽な山の上や湿原を歩くのは好きなまるみなです。 8月中旬。マイカーで上信越道東部湯の丸ICから18㎞30分の池の平湿原...
キャンプ

クロスビー で初めて車中泊をしてみました。方法と感想。

キャンプは年間20回×7年はしていましたが、車中泊は初心者のまるみなです。7月の暑い季節の標高1200mの場所で涼しい中車中泊してきました。前座席を後方に180度倒す方法でシートの丸みをブランケットでうめて寝るスペース作り。結果は成功!160㎝なら足も曲げずに寝られます。
東北

加茂水族館 混雑避けて入るには?

夏休みの初日。山形県日本海側のクラゲで有名な加茂水族館へ行きました。人気の場所で混雑が予想されたので朝から入れる時間を目標にしました。見終えて出てきたときの混雑の行列の長さに驚いたので、混雑避ける方法を予測してまとめてみました。
キャンプ

奥利根水源の森〜水道洗い場なし7月中旬避暑キャンプ〜

涼しさ求めて、奥利根水源の森でキャンプをしてきました。7月14日ー15日。洗い場なし、飲み水水道なしの野営場。きれいなトイレはあり。何を準備するか、今年6月で11年になったキャンプ経験から、まるみな目線でまとめてみました。