「まるみなmemo」で第一に読んでいただきたいページ

14年ぶりに購入した車・スズキクロスビーのこと。
11年はまり続けているキャンプおたくお母さんの道具のこと。
3歳から子連れでキャンプ始めて工夫したこと。
手抜き料理メニューあれこれなど まとめページにしています。

クロスビー&キャンプのこと

個人旅行で行って考えた☆函館夜景観光3つの方法

北海道
広告

個人旅行で行く 函館夜景観光

広告
スポンサーリンク

函館観光の一番の人気スポット夜景観光はマイカー規制があります。

函館山頂に係る規制 マイカー通行できない時間

4月下旬~9月末 17:00~22:00

10月~11月中旬 16:00~21:00

函館山ロープウェー

登りながら景色が広がっていく様子が見える函館山ロープウェー。125名乗り。乗ってから3分で山頂へ。

料金 大人往復1280円 子供640円 他にロープウェー乗り場までの交通費が必要。函館駅からバス片道210円往復420円。路面電車 十字街から坂道を25分上がるルートも210円往復420円。

今回はロープウェーを利用していませんが、午後の半日観光を路面電車「末広町」から観光しながらロープウェーのりばに向かうのも楽しめます

旧相馬株式会社(グリーンの建物と路面電車)→旧イギリス領事官→元町公園→旧函館公会堂→ハリストス正教会などの教会エリアを眺めて

夕方日没を目指してロープウェーを上がり、群青色のあざやかな空と徐々に夜景になっていく様を見ることができたらよかったのかなと妄想してみたりします。

王道ルートなのでマイカーで元町エリアに行くと、駐車場が少ないため困るようです。タクシーまたはバスでロープウェー前駅まで行く方法が良いと思います。

函館駅出発 函館山登山バス

函館駅前4番のりば 4月中旬~11月上旬毎日運行 13:30以降運行

料金 大人片道400円 小人200円  一番安価に夜景が見れる方法。

※乗車時間時間30分 夜景時間は10分おきに運行

1日乗車券800円の利用も可能。当日利用しているとそのまま使えます。

路面電車の駅からロープウェーまでの坂道がきついので、楽に山頂まで上がれるのが魅力。連休などはロープウェー40分待ちの場合もあるようなので往路のみロープウェーにしてバスの方が早ければ利用するのもありかと思います。バスも混雑必至かもですが状況みて選ぶのもありかな。

宿から函館山夜景まで直行 道南ハイヤー函館山夜景観賞コース

函館駅周辺のホテルから出発で、5,460円。道南ハイヤー函館山夜景観賞コース

天候見て夜景を見る日を決めるともりで予約を当日までしていませんでした。新幹線の中からサイトを確認すると、当日はクリックできません。メールで予約可能か確認したところ小型車は空きがありますと返信あり。新幹線の中から夜景タクシーの予約が完了。サイトから予約できなくてもメールで確認してみてくださいね。

今回私たちは松風町から徒歩5分のホテルパコ利用。出発から夜景見て、元町・ベイエリアのライトアップも回っての90分コース。3名~4名乗車ならロープウェーより安いか同等。

山頂滞在時間30分。タクシーの山頂駐車時間に規制があるためです。山頂に長い時間滞在したい場合はバスまたはロープウェー利用がよいです。私の実感では、30分で山頂を回って写真撮って十分な時間でした。

震災後10日のため節電でライトアップはされていない時の様子

今回70代の母が一緒だったので楽に夜景にアクセスできてよかった。翌日路面電車で同じルートを回ったら歩数14000歩になり、なかなか疲れたので良さを実感した。

ロープウェーでなければ!という方でなければいいと思う。

今回は震災による節電のためライトアップ停止中でしたが、現在はライトアップもされているようですので、夜景の天候がイマイチでもライトアップで楽しめますね。


広告

函館夜景観光 何時からが見頃?

日没から30分後が見頃タイム。日没から1~2時間は混雑タイムと函館山ロープウェーサイトに記載があります。

見頃推定時間を参考書いておきます

4月・・・18:00   7月・・・19:30  

9月・・・18:30   12月・・・16:30

広告

函館山山頂 服装は?

函館の街中より数度気温が低いと想定して1枚多く重ね着しよう

今回、道南ハイヤーの運転手さんからもメールでそう案内いただきました。

9月15日。日中半袖でも大丈夫な暑さの街中。長袖シャツ1枚追加ほどは必要でした。

アウトドアが趣味で何年かこの時期に湖畔で過ごしていましたが、9月2週目までが夏、翌週からガクッと寒くなり秋だと感じる事が多いです。1週間の違いで薄手のコート1枚追加になっていると思われますので準備していきましょう。

今回を含め4回函館山へ上がっていますが、1度は強風が吹き上げる中、1度は街中は雪が静かに降る状態なのに山頂は吹雪で建物外に出ることができないほど。もう1度は普通にきれいな夜景を見ることができた印象です。そして今回は天候はおだやか薄手の長袖で大丈夫でした。

広告

コメント