白川郷観光後の年末の宿泊2週間前予約で金沢でアパホテルに泊まった話

富山・石川・岐阜

 

スポンサーリンク

年末の宿泊。繁忙期。予約したのが2週間前だったこともありネットで探してみると、

「石川県金沢」または「岐阜県高山」が紹介されました。今回は長野黒姫高原から日本海側まわりの移動なので「金沢」を選んで泊まった話です。

※2月1日現在調べると白川郷の宿でそれなりに検索が出てくるのですよね・・あの時金沢市内が案内されたのは宿泊日程から空きのある宿泊施設が案内されたようです

広告

白川郷観光後の宿泊で「金沢」意外だったけど ちょうどよい距離かも

雪の白川郷を駆け足で散策して出たのは17:00のこと。積もる雪が降り続ける山間部から金沢へ向かいます。どんどん路面の雪が減ってきます。1時間30分ほどで金沢の街に到着。金沢の街はライトアップポイントがあると調べてあったので車で回ってみました。まともに写真が撮れたのは金沢駅前のみ。新幹線開通で何度もテレビで見かけたのだ~!東の茶屋は車止めないと良さはわかりにくいですね。金沢城のライトアップも遠巻きに道路から見ました。



 

広告

宿泊はアパホテル金沢野町 繁華街の片町まで徒歩15分ほどの立地

繁華街の真ん中のアパホテル金沢中央と見比べましたが、部屋が広い金沢野町を選びました。ゆったり入れるお風呂がアパホテルの売りらしいのですが残念ながらありません。金沢中央まで15分歩いていけばお風呂利用可能とのこと。ユニットバスでいいかと思う雪の夜。

金沢野町は駐車場併設ですが、入りきれない場合は付近を紹介してくれます。19:30近くの到着ですでに近場は全て埋まっていました。片町に近いところはさらに難しい状況。徒歩5分ほどの野町駅前の三井のリパークに駐車。24時間以内500円。駅前なのに良心的で助かります。翌日の金沢観光すませるまで駐車利用しちゃいました。

冬の北陸 夕食の楽しみは 香林坊 いたる

金沢で夫婦2人旅なので、居酒屋でお魚食べられる場所を選びました。
桶に入った新鮮なお刺身がおいしかった!加賀野菜の金時草の酢の物もシャキシャキしてて新食感。気に入ったので翌日金沢の百貨店「大和」で買って帰りました。お酒は控え目にして2人で3杯。おつまみ中心の食事で2人で9500円。ちょっと観光地価格だけどおいしかったのでよしとしました。



さらに夫がラーメン!ラーメン!とさわぐので付き合って 一風堂 香林坊店へ

金沢の人たちも年末休みに入った土曜日だったので、忘年会の人々がいっぱいの片町周辺。旅人としては方言が関西の雰囲気が感じられて興味深かった。歩いて感じられるそんな感じも好きだな~

見渡せる店内で木製テーブルがいい感じの一風堂に到着。おいしかったはずですが、夕食&飲みのあとにラーメン習慣がないのでおなかに隙間がありません><
覚えているのはカウンターが広くて一人で入っても快適だろうなぁというようなことばかり。

広告

アパホテル金沢野町周辺の観光地

ホテルから片町・香林坊へ向かう途中に 西の茶屋

実はライトアップされていたので夜に歩いて向かうときにちょっとだけ遠回りすればよかったようです。
翌日朝に立ち寄りましたが、東の茶屋(ずいぶん前に行ったことあり)より小さいですがきれいにされていて雰囲気もあります。野町駅よりには洋館もあっていい感じ。



しくみがいっぱいの忍者寺も徒歩圏内

正直兼六園より行きたかった、忍者寺も歩いて近いです。金沢の友達に案内してもらって行ったことがあります。あ~また行きたいな。今回は兼六園を優先したので行けませんでした。

広告

東京にもたくさん見かけるアパホテルに初めて泊まって

アパホテル金沢野町の口コミで、「大浴場が併設されていない代わりに金沢中央の大浴場が使える案内がなかった」「地元マップが設置されていない」などが心配されましたが、みんなが使うエレベーター前に設置&案内がありました。

ホテル自体は、廃業したホテル利用物件を伺わせる古さがありますが、バスルームなども清潔に磨かれていて快適でした。広さも適度にあり、ベッドも快適でした。必要ちょうどの設備。ビジネスホテルにありがちなたばこ臭や、狭くて快適じゃないベッドと真逆。過ごしやすいと感じました。

ただ、朝食は必要充分よりレベルが低めあんまりおいしくなかったのが残念でした。
チェックインの時のみ対面説明あり。チェックアウトはキーをこの中に入れるだけ!合理化されてることにおどろき。時短だしいいなと思いました。

全体的には費用抑え目でよかったのですが、朝食は多少の地域色はあるもののおいしいとは言えずでした。


白川郷合掌造りを見たあとの宿泊先。安価に済ませたい目的にちょうどよく不快感もなく充分に快適で印象がよかったです。いつのまにか増えるのも分かるようなサービスでした。適度で充分。
日高屋の社長がテレビの番組で、すごくおいしいを目指してはいない適度なおいしさを目指しているなんていうのと通じる気がしました。

適度に過ごしやすいのがアパホテルなら、宿でおいしいい食事をゆっくりというのが
黒姫高原セシルクラブ 赤ちゃんから大人までおいしい食事で満足

 

 

 

コメント